万物 流転。 「生々流転」とは?意味や使い方を「諸行無常」との違いを含めてご紹介

四字熟語・万物流転

流転 万物

ヘラクレイトスがエペソスの貴族階級に属したことはおそらく間違いがない。 ヘラクレイトス以前の哲学者は「万物の根源とは何か」を探求しましたが、「世界とは何か」に彼の問いは発展していきました。

10

「万物流転」とは?意味や使い方を解説!

流転 万物

このように 仏教の無常観は私たちの心に対しても深い洞察を向けているものなのです。 プラトンはヘラクレイトスの複雑な思想のなかから、その核心をなすものとして「万物流転」を取り上げた。 ヘラクレイトスは、ギリシャ神話の女神・アルテミスを崇拝することで有名な都市・エペソス(現在のトルコ・イズミル県エフェソス)で生まれました。

14

「万物流転」とは?意味や使い方をご紹介

流転 万物

この言葉が万物流転の由来となり、現代まで使用されています。 この言葉を残したのは ヘラクレイトスという哲学者です。 たとえ同一人物でも、赤ん坊と老人では外見も人となりも大きく変わっているはずです。

1

万物流転の掟に巻き込まれつつあるホンダ。その原因は、No.1と対等に渡り合えるNo.2の不在

流転 万物

まとめ ヘラクレイトスが唱えた「万物は流転する」という考えは、すべてのものが続かないという意味であり、あらゆるものに当てはまる法則性を発見したという意味で哲学史上に残る偉大な業績を残していました。 生粋の政治嫌いで、法律の制定をもとめるエペソスのひとびとの懇願をにべもなくことわり、子どもたちに交じって、サイコロ遊びに興じていたと言われる(『ギリシア哲学者列伝』)。 古代ギリシャの自然哲学者たちは、人間も自然の一員であると認識していました。

18

ヘラクレイトス:万物流転の思想

流転 万物

なぜなら新しい河水が、絶え間なく諸君に押し寄せてくるからだ。 」こうヘラクレイトスはいって、この世界に恒常的なものは何もないと主張したというのだ。 私たちの目に見える物質だけではなく、目に見えない心も常がなくて続かないものなのです。

ヘラクレイトス

流転 万物

この考え方はのちにヘーゲルが確立した「弁証法」の出発点ともなりました。

2

「万物流転」とは?意味や使い方をご紹介

流転 万物

反対するものが協調する、そして異なる音から最も美しい音調が生じ、万物は争いによって生まれる。

9

ヘラクレイトス

流転 万物

すべての存在は一瞬たりとも同じであることはなく、いつも変化し続けていると、ヘラクレイトスは主張しました。

12