女子 アナ パンチラ。 テレビ朝日が苦肉の策!? 人気女子アナの相次ぐ退社で、“干され女子アナ”が大活躍の窮状|日刊サイゾー

テレビ朝日が苦肉の策!? 人気女子アナの相次ぐ退社で、“干され女子アナ”が大活躍の窮状|日刊サイゾー

パンチラ 女子 アナ

これといった仕事は、一度打ち切りになって、レギュラーに復活した『ナニコレ珍百景』のアシスタントを継続して務めているくらいなもの。 』も担当するなど露出が増えてきた。 「テレ朝では今春、エース格の宇賀なつみアナ、小川彩佳アナが相次いで退社。

8

テレビ朝日が苦肉の策!? 人気女子アナの相次ぐ退社で、“干され女子アナ”が大活躍の窮状|日刊サイゾー

パンチラ 女子 アナ

テレビ朝日 ここ最近、テレビ朝日の番組を見て、ある不思議な現象が起きていることに、お気づきの視聴者も多いだろう。

18

テレビ朝日が苦肉の策!? 人気女子アナの相次ぐ退社で、“干され女子アナ”が大活躍の窮状|日刊サイゾー

パンチラ 女子 アナ

フリーアナを使えば、余計な経費がかかってしまいますから」(テレビ局関係者) 森アナはかつて、青山愛アナ(2017年退社)らとともに、若手女子アナユニット「ゴーちゃん。 キャリア的には森アナは10年目、久保田アナは15年目、山本アナは6年目で、本来なら、重要な番組をまかされていてもいい立場だ。

テレビ朝日が苦肉の策!? 人気女子アナの相次ぐ退社で、“干され女子アナ”が大活躍の窮状|日刊サイゾー

パンチラ 女子 アナ

最も注目を集めたのは、私生活でオカダ・カズチカ(新日本プロレス)との交際がスクープされたとき。 ところが、昨年4月から『マツコ&有吉 かりそめ天国』の進行役に起用され、マツコ・デラックスや有吉弘行にいじられるようになり、バラエティに開眼。 決して、新人でも若手でもない、なじみの薄い女子アナが大活躍しているのだ。

15

テレビ朝日が苦肉の策!? 人気女子アナの相次ぐ退社で、“干され女子アナ”が大活躍の窮状|日刊サイゾー

パンチラ 女子 アナ

みんなショートカットで、中性的な要素が強く、男性からの支持が得られにくい。 山本アナは入社直後、1年目では初めて、『熱闘甲子園』の司会に抜擢されたが、その後伸び悩み。

テレビ朝日が苦肉の策!? 人気女子アナの相次ぐ退社で、“干され女子アナ”が大活躍の窮状|日刊サイゾー

パンチラ 女子 アナ

。 「この3人に共通するのは、地味で華がない。

テレビ朝日が苦肉の策!? 人気女子アナの相次ぐ退社で、“干され女子アナ”が大活躍の窮状|日刊サイゾー

パンチラ 女子 アナ

。 。 。

10

テレビ朝日が苦肉の策!? 人気女子アナの相次ぐ退社で、“干され女子アナ”が大活躍の窮状|日刊サイゾー

パンチラ 女子 アナ

3