コロナ 武漢 研究 所。 【続報】Dr.ファウチによる積極的関与が判明|武漢ウイルス研究所での危険なウイルス研究に740万ドルもの研究資金を提供していたのは同博士が所長を務める国立アレルギー感染研究所(NIAID)

【速報】「コロナは武漢研究所で作成」米国に亡命したウイルス研究者が顔出し告発

研究 コロナ 所 武漢

ダザク氏はNewsweekのコメント要請に対してすぐには返信しなかった。 現在、トランプ政権の新型コロナ対策チームのリーダーを務めるアンソニー・ファウチ博士は、国立アレルギー・感染研究所(NIAID)の所長であり、武漢ウイルス研究所への資金援助を主導した。

19

「コロナは武漢の研究所で作られた」中国人学者が論文発表→専門家は「荒唐無稽」と指摘【新型コロナ】

研究 コロナ 所 武漢

c AFP. オバマ政権時代に始まった、 機能獲得研究の武漢ウイルス研究所へのアウトソーシングの件を、徹底的に調査するという姿勢をほのめかしていることがうかがえます。 中国・武漢市に世界トップレベルのウイルス研究所「中国科学院武漢病毒(ウイルス)研究所」がある。

14

「コロナ問題で中国はWHOに武漢の研究所を調査させるべき」大川総裁が仙台市で法話「光を選び取れ」

研究 コロナ 所 武漢

米ニュースサイト、ブライトバートが16日に配信したインタビューの中で語った。 米国ミズーリ州とミシシッピ州が中国を訴えている。

2

【続報】Dr.ファウチによる積極的関与が判明|武漢ウイルス研究所での危険なウイルス研究に740万ドルもの研究資金を提供していたのは同博士が所長を務める国立アレルギー感染研究所(NIAID)

研究 コロナ 所 武漢

しかし、先の女性研究者は、SNSで一連の疑惑を真っ向から否定。 2015年11月12日付英科学誌『ネイチャー』電子版によると、この研究チームは、SARSのウイルスを土台に、キクガシラコウモリから見つかった「SHC014ウイルス」のタンパク質を表面に持つ「キメラ」(2つ以上の異なる遺伝子を持つ組織が1個体を形成したもの)のようなウイルスを作製したという。 その目的は、コウモリを宿主とするコロナウイルスがいかに突然変異を起こしヒトを攻撃することが可能であるかを理解することであった。

10

武漢研究所がコロナの真実を?爆発してた?証拠隠滅はいつ?場所はどこ?

研究 コロナ 所 武漢

「中国当局もSARSの経験を教訓に厳しく取り締まってきましたが、時間と共にそれが緩くなり、武漢では堂々とヤミ市場が開かれていました。 彼女は「中国がどのように情報提供者を扱うのか知っている」ので、彼女は逃げなければなりませんでした。

6

武漢研究所でコロナは人工的に作られた、研究者が米国へ亡命

研究 コロナ 所 武漢

これは他の国が病気の拡散の可能性を把握しないようにするためであり、その間に中国は通常の貿易を通じて医療機器や物資をこっそり備蓄したり買いだめしたりすることができた、と言うのである。 しかし研究所でコウモリを飼っている人はいません、それはまったく必要ないし、非常に難しいことだからです。 なお、ダスザック氏の中国との共同研究を可能にした国立衛生研究所からの資金提供は4月23日に打ち切られた。

4

新型コロナウイルスの武漢研究所起源説はホワイトハウスで作られた

研究 コロナ 所 武漢

現在のところ米国では、当初一部で指摘された中国による「生物兵器開発説」の可能性はないとみられており、「事故」によって研究所から漏出した可能性の方が重視されている。 ファウチは返事をしていない。

11