若紫 現代 語 訳。 『源氏物語』の現代語訳:若紫12

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳

現代 語 訳 若紫

お手紙なども、例によって、御覧にならないというばかりなので、いつものことながらも、ひどくつらい様子のように思われて、内裏にも参内せず、二~三日閉じ籠もっていらっしゃるので、また、「どうしたのだろうか。 」 と、 「こっちにいらっしゃい。 聖(ひじり)、動きもえせねど、とかうして護身参らせ給ふ。

20

源氏物語「若紫」

現代 語 訳 若紫

わか君をば、いとかろらかにかき抱きて、おろし給ふ わか君をいとも軽くかかえて抱いて車から降ろされた。

8

「源氏物語:若紫・北山の垣間見〜後編〜」の現代語訳(口語訳)

現代 語 訳 若紫

私の 膝 ( ひざ )の上へお 寝 ( やす )みなさい」 と源氏が言った。 係り結びの法則については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。

13

『源氏物語』の現代語訳:若紫16

現代 語 訳 若紫

いつも独学受験. 若紫ちゃんを見て、秒で心惹かれてしまって、 我ながら「なんであんな幼い少女に?」と思ったが、よく考えてみると、 「この上なく愛しているあの人(藤壺宮)にとても似ているのが、つい見つめてしまう理由だったんだなあ」 と思った。 御相談にもう取りかかったのですから、私は実現を期します」 と言って、源氏は 屏風 ( びょうぶ )をもとのように直して去った。

5

同時通訳 源氏物語 (若紫) ≪現代語訳≫: 二条の院は近ければ

現代 語 訳 若紫

いとあはれと思す。 惟光は少納言に面会を申し込んで逢った。

20

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳

現代 語 訳 若紫

いみじうつつみ給へど、忍びがたき気色の漏り出づる折々、宮も、さすがなる事どもを多く思し続けけり。

12

『源氏物語』「若紫との出会い」の現代語訳と重要な品詞の解説6

現代 語 訳 若紫

『源氏物語』は大勢の女性と逢瀬を重ねた貴族・光源氏を主人公に据え、平安王朝の宮廷内部における恋愛と栄華、文化、無常を情感豊かに書いた長編小説(全54帖)です。

18

紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 若紫

現代 語 訳 若紫

山吹色の襲(かさね)のこと。 意味は「閉じ込めていた」。 (僧都は)「世間でご評判であられる光源氏を、この機会に拝見差し上げましょうか。

1

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳

現代 語 訳 若紫

27 見給ふ マ行上一段動詞「見る」の連用形+ハ行四段活用の補助動詞「給ふ」の終止形。