ハンセン病 家族 訴訟。 ハンセン病訴訟をわかりやすく説明 判決結果内容と原因や歴史年表も

ハンセン病家族訴訟の控訴見送りに関する首相談話全文(1/2ページ)

家族 訴訟 ハンセン病

社会の差別偏見は、私たち一人一人の行動でなくしていく必要があります。 それでも原告団は、家族に対する国の責任を認めた判決を評価し、控訴断念と政治的な全面解決を求めていくことにしました。

17

ハンセン病家族訴訟、熊本地裁が国の責任を認める初判決

家族 訴訟 ハンセン病

ハンセン病を偏見として処理していたのは事実ですから、どこかで謝らなければいけないことでした。

2

ハンセン病家族訴訟判決と「救らいの父」光田健輔(坂東太郎)

家族 訴訟 ハンセン病

この審理の間にも提訴が相次ぎ、9月27日にはの元患者11人がに提訴、12月16日は82人が熊本地裁に第7次提訴を行い、この時点で全国で303人の元患者が国を提訴していた。 こういったことを総合的に考え、ハンセン病問題については、できる限り早期に、そして全面的な解決を図ることが、今最も必要なことであると判断するに至りました。

7

ハンセン病元患者家族訴訟 原告「理不尽な家族断絶」(1/3ページ)

家族 訴訟 ハンセン病

国のハンセン病隔離政策で、療養所に入っていなかった母親(故人)とともに差別を受けたとして、鳥取県北栄町の男性(72)が国と県に計1925万円の国家賠償を求めた… (2018年7月23日 07:15)• 「らい予防法・同廃止に関する見解と提案」 を発表し、訴訟へと準備を進めていきました。

7

首相、「異例」の判断 ハンセン病家族訴訟、補償に課題:朝日新聞デジタル

家族 訴訟 ハンセン病

弁護士会はこの手紙にすぐに反応し弁護団を結成、菊池恵楓園・星塚敬愛園の2か所の療養所を訪問して、裁判の原告となるよう直訴、その結果13名が原告となり、国家賠償請求訴訟を起こすことに同意した。

ハンセン病の差別語る 家族訴訟原告団長の林力さんが収録|【西日本新聞ニュース】

家族 訴訟 ハンセン病

第二次大戦後も強制隔離政策を継続する 「らい予防法」が制定され、 この法律の存在が世間のハンセン病 に対する 偏見や差別をより一層助長したといわれ、 ハンセン病であることを隠して 療養所の外で暮らしていた方々も差別を恐れ、 適切な医療を受けられないなど 大変な苦労をしました。 元ハンセン病患者の隔離政策により家族も差別や偏見を被ってきたとして、561人が国に謝罪と損害賠償を求めた集団訴訟。 懸念材料は主として2つあり、1つは、マスコミ報道されることで家族・親族に迷惑がかかることが予想されること、残りは、「らい予防法」廃止によって、これまでに得られた療養所内の生活改善が、国の提訴により奪われるのではないかという不安だった。

ハンセン病家族訴訟の控訴見送りに関する首相談話全文(1/2ページ)

家族 訴訟 ハンセン病

そしてその判決が2005年(平成17年)10月25日言い渡されたが、判決は真っ二つに分かれた。

7

CiNii Articles

家族 訴訟 ハンセン病

被告である政府が控訴を断念したためこの判決が確定した。 新行)昨日(9日)の朝日新聞の朝刊に「ハンセン病家族訴訟、控訴へ」という記事が1面に書かれていまして、今朝の朝刊には「誤った記事をお詫びします」とあります。

7